年賀はがきの源流をたどる

イメージ

明治9年

毛筆の文字がびっしりと書き込まれたこの年賀状は、
明治9(1876)年に差し出されたもの。

明治6(1873)年、日本初の官製はがきとして
二つ折り形式のものが発行され、
2年後の明治8(1875)年に初めて現在と同じく
折り目のない単面官製はがきが登場しました。

そのため、このはがきは単面官製はがきの
最古級にあたる貴重な一枚です。

イメージ

明治43年

西欧の絵はがきブームが日本にも入ってくると、
明治33(1900)年、官製はがきと同じ料金の切手を貼って
私製はがきを差し出すことが認められました。

その翌年から、おめでたい意匠を用いた多色刷りの年賀状が一気に増加。
左と左下のはがきは、私製はがき認可後に初めて巡ってきた戌年、
明治43(1910)年のもの。赤富士をバックに犬が飛行船に乗っているイラスト、
「おめでたう」の言葉と共に子どもたちと犬が1910を形作るデザインからは、
身近な犬を用いてどんな年賀状を創作しようか、と思いめぐらす
創り手のワクワク感が伝わってくるかのようです。

イメージ

明治〜大正〜昭和初期

日本で最もはがきが美しかった時代。

明治の終わりから大正の頃は、
日本で最もはがきが美しかったといわれる時代。

創意工夫が凝らされたこの当時の年賀や、
カラフルでモダンな意匠が目をひく昭和初期の逸品を、
じっくりとお楽しみください。

復刻版レトロ年賀状 販売中!

復刻版レトロ年賀状 販売中!

おたより本舗で購入

おたより本舗で購入

各ショッピングモールでパック年賀状を購入

Amazon.co.jpで購入

楽天市場で購入

Yahoo!ショッピングで購入

Amazon.co.jpで購入

楽天市場で購入

Yahoo!ショッピングで購入

レトロ年賀状 収蔵作品 目録

明治末・昭和初期の

亥年年賀状

2019年に送りたい

レトロ&キュートな
復刻年賀状

元号が変わったその時……

年賀の
知られざる物語

干支に負けず大人気!

魅惑の猫年賀

百貨店・製薬会社etc…

年賀状創成期の
ビジネス年賀

当時の流行りモノも登場

年代別にみる
年賀状

動物たちがバトンタッチ!

干支リレー年賀

ちょっとシュールな
ユーモア漂う

ダジャレ年賀状

アイデア&こだわり満載!

年賀状交換会
の世界

歌会始のお題を風流に表現

「勅題」にちなんだ
年賀状

大正の漫画家・
児童文学者etc..

文化人の年賀状

1900年のはがきを日欧比較

海外の美しき
アンティーク年賀

明治・大正・昭和初期の

戌年年賀状

おたより本舗が復刻!

レトロ年賀状2018

レトロ年賀
キーワード集

年賀状ヒストリーは
こちら
(教えて!年賀状へ)